買い取り業界の隆盛

車買取最近、車業界の中でも特に流行し、その勢力を強めている業務があります。それは、中古車の買取業務であります。中古車業界ではなく、あえてここでは中古車の買い取り業界がその勢力を強めていると言わせていただきましょう。そもそも、日本においては中古車というのは長い間あまり人気のあるものではありませんでした。というのも、クルマというのは新車で買うことと、中古車で買うことを比べて、あまり大きなメリットデメリットというものがなかったためです。中古車を買うことによるアドバンテージは、示すべきところが1つしかありません。言うまでもないことではあるのですが、価格が安いということが中古車における強みです。しかし、ことクルマにおいてはなかなかこれが成立しない時代というのが長く続いていました。というのも、クルマには実質憲法違反友いわれている二重課税が行われているのが1つの理由となります。クルマには車税とは別に、重量税という税金を支払う必要があるため、結局中古で買っても税金の価格が下がるわけではなく、その損益はあくまでも新車で買った場合との絶対的な値段格差以外にはありません。そしてもう1つ、クルマには継続的にお金がかかるイベントがあります。それは、車検というものです。この車検というシステム、最近では変わってきたものの、昔は運用年数に応じてそのスパンが設定されるようになっていました。十年近い運用になると毎年車検が必要になります。そして車検自体も決して安いものではありませんので、中古車で買うとこの短いスパンにおける車検を早めることになり、結果的にランニングコストが高くかかってしまうという問題があったためです。最近では最低でも二年スパンに延長されましたので、この問題は緩和されてきているといえるかも知れません。しかし、あくまでも今最大の隆盛を見せているのは買い取り業界です。なぜか?それは、中古車を買い取り、日本国内だけではない市場に売ることが出来るためです。クルマの業界の国際化は、中古車業界にも影響を及ぼし始めました。